2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

出演・演出情報(下から早い順)

  • ・「続 深夜食堂」
    2016 11/5公開 監督:松岡錠司 出演:小林薫 ほか
  • ・「湯を沸かす程の熱い愛」
    2016 10/29公開 監督:中野量太 出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、ほか
  • ・「超高速!参勤交代リターンズ」
    2016 9/10公開 監督:本木克英 出演:佐々木蔵之介、深田恭子、ほか
  • ・「百枚めの写真」~一銭五厘たちの横町~
    トムプロジェクトプロデュース 2016 7/8(金) 板橋区立文化会館小ホール 8/15(月) - 17(水) 俳優座劇場 他、静岡、関西、北海道等約40ステージ
無料ブログはココログ

« 映画「嘘を愛する女」 | トップページ | 神山寛さん »

2018年1月20日 (土)

「メッセージ」2度目

あらためて観た

傑作だなぁこれ

僕はずーっと、時間がノンリニア、非線形だという事を感覚的に理解しようとつとめてきた。そう信じてはいてもそれを感覚的に、主観的に悟るのは難しい

この数年ずっとそれをわかりたいと思って生活してるのよ

「メッセージ」はそれと正面から向き合った作品だと思う

僕の好きなSFはこういった事を伝えようと試みる作品

インターステラーにしてもクラウドアトラスにしても、根底でこの事と繋がっている

人が悲しんだり苦しんだりするのは時間が過去から未来に向かって「流れる」ものだと錯覚しているからだ

「君の名は」があれだけヒットしたのは、日本人がそれを世迷い言と取らなくなって来ているからじゃないかな

ビジネスや政治の世界は未だ、表向きは思い遣りがあるように見せ掛けて根底にあるのは財力や武力などの「力」だと思う

現在の多くの人が持っている「時間」の観念がそうさせる

この映画は最後にそこが覆るというパラダイムシフトのような事が起こる

起こった後でも、それを受け入れられない人も描かれていた

でもそれが解れば、富を自分に集中させようとすることも、死を怖れる事もなくなる、つまり恐怖が消えるんだ

こういう話は、映画では許されるけど、何故かこういう場でするとまだきわどい

非線形の時間の原理にどこかの首相が従う日が来るのかな

ヘプタポッドの霞の向こうに僕は、愛、を見た気がした

見た人はわかるねっヘプタポッド

毎日映画の話ばかりごめんちゃい

でも映画の話しじゃないなこれ

この映画は数少ない原作を越えてる映画だなっ

いや、しかしやっぱテッド・チャンはえらい

« 映画「嘘を愛する女」 | トップページ | 神山寛さん »

コメント

いいね!をおすすめボタンがあればいいのに笑😆
激しく同意、いわゆる禿同です!!

あ、すみません、おすすめじゃなくて、押すボタンがあればいいのに、でした!

おはようございます。
田中さんhappy01

「メッセージ」いいですよね。
私は最初小説を読んでから
映画、また小説を読んで映画。
色々と考えました。
私の前にヘプタポットが現れ
コステロとアボットに会えて
未来をみせてもらうとして…
それが深い悲しみや恐怖で絶望的でも
それと同じくらいの幸福感や喜びもあれば
私もきっとルイーズと同じく
道を変えず歩みたいなって
映画を観て泣きながら考えたりしました。

私も同じく失った経験があって。
自分の濃い血の繋がりを失う辛さ。
…気が狂ちゃいます。

でも、もし未来がみえて
どんな人生であっても
選択を変えてしまったら
生まれてきたこと否定して
存在や繋がりも否定しちゃう。
…それが、とっても嫌なんだなぁ。

キワドイ話…書いてほしい!
真っ直ぐに語る田中さんhappy01
素敵だと思います。

コミュニケーションが
色んな愛に繋がり
力が生まない本当の平和になればいいなぁ…

ヘプタポットの向こうに
愛はありますよねhappy01

もうブログのように長いコメントっ!(笑)

お許しを…m(_ _)m

と、言いつつ次のコメントで
逢いましょう(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「嘘を愛する女」 | トップページ | 神山寛さん »