2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

出演・演出情報(下から早い順)

  • ・「続 深夜食堂」
    2016 11/5公開 監督:松岡錠司 出演:小林薫 ほか
  • ・「湯を沸かす程の熱い愛」
    2016 10/29公開 監督:中野量太 出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、ほか
  • ・「超高速!参勤交代リターンズ」
    2016 9/10公開 監督:本木克英 出演:佐々木蔵之介、深田恭子、ほか
  • ・「百枚めの写真」~一銭五厘たちの横町~
    トムプロジェクトプロデュース 2016 7/8(金) 板橋区立文化会館小ホール 8/15(月) - 17(水) 俳優座劇場 他、静岡、関西、北海道等約40ステージ
無料ブログはココログ

« 演技クラス | トップページ | ベートーベン »

2016年10月23日 (日)

「アイデアは敵の中にある」根津孝太

14772231897470


「アイデアは敵の中にある」

実家のご近所さん、根津孝太くんの本が出版されました

孝太くんは凄い人で、名古屋万博のあの一人乗りの乗り物、アイユニットをトヨタでデザインした後、独立して皆さん使ってるサーモス(僕も長いのと短いの2つ持ってる!)や電動ビッグバイクやタミヤのミニ四駆(甥がお世話になってる!)なんかを大企業に所属せず個人でデザインしてる人ですっ。奥さんの里美さんと舞台を観に来てくれますっ。奥さんがまた、めちゃめちゃ素敵な人です。

で、この度出版された「アイデアは敵の中にある」を読ませていただきました

なんかね…読みながらずっと泣いてました僕

表紙の、自身デザインのボディーが布で出来てる電気自動車「リモノ」に乗るオチャメな写真を見てわかるように、孝太くんは髪の毛の色が特徴的ですが、この人、赤い髪をした神様の使いかもなぁと思いました

僕が俳優になろうと思ったのは、漠然と何か、生きてるうちに人として次の段階に行かなきゃ、みたいのが小さいときから、ま、あえて言うとあって、で、何故か俳優になったんですが、この本を読んで、あぁ、孝太くんはプロダクトデザインという世界で、多くの人を巻き込んで、しかもマーケットというネットワークの中で、そういう、「人」の何か、人にとって大切なことを、世の中に広げるべく実践しているんだな~、と、何だか嬉しく、ぼくもこうしちゃいられない、と思ったのでした

11月から僕が受け持たせてもらうクラスの核になる「コミュニケーション」、これが孝太くんの本のテーマした

なんだか、フィールドが全然違っても、大切なことは同じなんだなぁ、と、僕は凄く励まされた

本に書いてあった事でね、「自分に向けられた敵対的な言葉の中にこそ自分にとっての宝物が詰まっている」という考え方は、ほんとにそのまま研究生に伝えて来たことだし

「伝える」と「伝わる」は一致しないのが基本って、演出する人間にとってそれを理解してる事はほんとに大事で、それではじめて現場がクリエイティブになる。

それを更に孝太くんは、理解は誤解の一種、と言っていた。凄い。孝太くん、どこかで引用しちゃうかも知れません

それからね、「質問」について話してる所で「相手に何かを訊いたあと、答えの一声が放たれる瞬間は、まず聞くほうに意識が集中する」て書いてあった。演劇の本かと思った(笑) 演技の基本だけど簡単には出来ない事の1つです

それから、コミュニケーションとは相手の事を想像する事だと。役者の仕事と丸っきり重なる。役の事を想像し、他人の事を想像するのが私たちの仕事


デザインの専門的な本ではなく、コミュニケーションについての本で、読むだけで意識のレベルが上がる本です


根津孝太くん、憧れる

皆さんも是非っ、一気に読んじゃいますよきっと

文章もいいですっ!こんな文章も書かれるんだなぁ孝太くん、かっこよすぎる!

« 演技クラス | トップページ | ベートーベン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 演技クラス | トップページ | ベートーベン »