« 天婦羅屋 | トップページ | 華 »

2014年11月18日 (火)

会えた!!

僕の大好きなカナダの作家


モーリス・パニッチに会うことが出来ました


僕が2006年に初めて演出というものをやった「不寝番」(ネズバン)を新国立劇場で「ご臨終」というタイトルで上演していてモーリスが来日していたのです


で懇親会に呼んでいただきました


いゃ


ほんと残念だったなっ


うちの舞台を観て貰うことが出来なくてっ


めちゃくちゃ素敵な人だった


どんどん新しいの書いてるみたいだから片っ端から訳してやるっ


Img_20141117_225832


同じくパニッチの「金魚鉢の中の少女」をやったときのメンバー


とても残念だったのは


グレイスをやった大塚さんがもうおられない事でした


でも…おそらく参加してたのでは(笑)


そしてこの日僕は何度か髪型の事を指摘されたのだが


最後はパニッチに


髪型跳ねてるぞ、と言われたのでした

« 天婦羅屋 | トップページ | 華 »

コメント

二つ共とても鮮烈な印象がある舞台でした。心がほぐされていく感じでした。本当に見て頂きたかったですね(*^o^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天婦羅屋 | トップページ | 華 »