« 無印良品 | トップページ | baggy pants »

2014年4月22日 (火)

彼氏

「彼氏」
「彼女」

みなさん

この発音どうされてますか?

僕は恥ずかしながら語尾がいつの間にか上がって「もやし」と同じイントネーションになっております

あれはいつ頃でしょう

恐らく90年代半ば

若者が語尾を上げはじめた時なんか苛っときて

俺は変えんぞ

と思った物です

そして例え変えようと思ってもなんか気持ち悪くて変えられなかったものです

しかし

それがいつの間にか僕の語尾は上がっていて、それに最近あらためて気付く事件がありました

それは

研究生と混ざって話をしてたときのこと

何かの話しで、この子たちは恐らく生まれたときからら語尾上げ言葉で育ったんだろうなと思い、「だってお前ら彼氏(もやしイントネーション)っていうだろ?前は「彼氏」(小西(ドン)のイントネーション) だったんだぞぉ」

と年寄りみたいな事を言いつつ「知ってますぅ」くらいの返しは予想してたんだけど

二十歳くらいの研究生が、というか皆そのくらいだから皆が「あ〜。私たちは言いません、彼氏 (小西) です」

と言われたのでした


な、なぬ…

俺は

俺は

朱に交わって

赤くなったのに

俺は

俺は

時代に翻弄されたピエロだったのか

それともあれか

これは最早…

つい最近まで「ラベルが違う」と言いながら自分で笑っていた親戚の叔父さんと、「プッツン来ちゃった」を今でも現役として使っているうちの母親と同じなのか…


までもね、僕は言葉の変化を嘆かない派だね、こんに短い間に彼氏が彼氏になってまた彼氏に戻ったのがビックリしただけで

大分前に金田一春彦がテレビでスカッとする事を言っていたんだけどね

「大人がよく言葉の乱れを嘆いているのを聞くけれど、お前らにだけは言われたくない」って言ってたよ

これ僕じゃないよっ、金田一春彦だよっ

あ、で、理由はねぇ

「例えば「全然いいよ!」など、「全然」を最近の人たちが肯定と合わせて使うのは変だとあなたたちは言うが、近代初期、夏目漱石も全然を肯定に使っているんです!」

みたいなことを

確か

言ってたと思います

良く考えたら

僕のブログの文章は

乱れてないとこがほぼないね

« 無印良品 | トップページ | baggy pants »

コメント

元に戻ったんですか⁈
よかったでーすっ\(^o^)/。
私は語尾上げ彼氏、彼女が言えないことが恥ずかしかったのか、彼とか女の子とかお付き合いしてる人とか、敢えて言い方を変えていました(笑)。
もう逃げなくていいんですね(笑)

壮太郎さんのブログをずっと読んでいるのは単にファン
だから~だけではなく、面白いからです!

つい最近、壮太郎さんと同じ体験を20歳の息子相手にさせられました。そしてその息子がファミレスで「シーフードドリアの方になります。」と言っているバイト君を嘆いていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無印良品 | トップページ | baggy pants »