« は〜よく寝た | トップページ | 忘れてた演出家の気持ち »

2012年12月19日 (水)

ありがとうございました。

「RUR」が終わりました。

楽しかった。新しい出会いがあった。これがなんと言っても、この仕事の特権と思えるところ。沢山の出会い、再会、ご縁があるということ。あ〜、もうちょっとあいつらと話したかったな。後悔。

そして、本当に本当にお陰さまで、沢山のお客様にみていただく事ができ、俳優としてこれに勝る喜びはありません。

千秋楽に近づくにつれ席が埋まっていきとても嬉しかった。

多くのお客様に、感想を、「なんといったらいいかわからないのだけれど、見れて良かった」と言って頂けたのが、何だか嬉しかったです。分かりにくいですけど、なんか観てすぐに言葉にならない感じのものになるといいなぁと思っていました。

同じ砂地の「Disk」の稽古は明日から始まります。

俳優座のワークショップも明日から始まります。

昼は演出家が喋るのを聞き、夜は自分が喋る…そんな器用なことが僕に出来るのかしら…。

その前に、…WSの題材考えなきゃ( ̄ω ̄;)

とにかく皆さま、「RUR」本当にありがとうございました。

« は〜よく寝た | トップページ | 忘れてた演出家の気持ち »

コメント

お疲れさまでした。共感したかったです。
見に行けないのを残念に思う日々でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« は〜よく寝た | トップページ | 忘れてた演出家の気持ち »