2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

出演・演出情報(下から早い順)

  • ・「続 深夜食堂」
    2016 11/5公開 監督:松岡錠司 出演:小林薫 ほか
  • ・「湯を沸かす程の熱い愛」
    2016 10/29公開 監督:中野量太 出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、ほか
  • ・「超高速!参勤交代リターンズ」
    2016 9/10公開 監督:本木克英 出演:佐々木蔵之介、深田恭子、ほか
  • ・「百枚めの写真」~一銭五厘たちの横町~
    トムプロジェクトプロデュース 2016 7/8(金) 板橋区立文化会館小ホール 8/15(月) - 17(水) 俳優座劇場 他、静岡、関西、北海道等約40ステージ
無料ブログはココログ

« 雨 | トップページ | シュウマイ »

2009年5月11日 (月)

原子核

原子核
がまたまた始まりました。今度で三回目。再演は再発見の場でもある。大きな声では言えないけれど三回目であぁそうだったのか…と思う事も少くない。

にさんち前の新聞に出ていた記事。野坂昭如の「火垂るの墓」は半自伝的なもので、締め切りで追い詰められた作者が、九時間で書き上げたものらしいが、その野坂は言う、

「兄の優しい心を強調、周辺の大人を意地悪に描く…」そしてこう言う「妹が死んだとき、僕は重荷から解放された思い、悲しみは片鱗もない。「文壇」より」

僕の演じる友田は言う、「自分は原爆製造に携わったがたとえ自分がその指揮をとっていたとしても、被爆者に顔向け出来ないなどということは決してない。人間が自然法則を解明を止めることはありえないからだ」と。

友田の言葉は別にしても、ヒューマニスティックさの介入を許さないプロの冷淡さは、僕は嫌いではない。

しかし…作家は…詐欺師のようなものだねぇ。痛快だ。

熱い人も好きだし…クールな人も好きだし…人は、というか僕は矛盾に満ちていますな。

写真:何故か稽古後、池袋でギターを買うキヨエ。

« 雨 | トップページ | シュウマイ »

コメント

「もうそれ以上、悲劇が創作される必要が全く無いほど、悲劇的な罪を舞台で見るのは、素晴らしいことと、私にはおもわれる。」
そんな、ゲーテの言葉を思い出した。

原子核を携えて今度はどちらへお出かけですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/502146/29571823

この記事へのトラックバック一覧です: 原子核:

« 雨 | トップページ | シュウマイ »